「頑張れ」以外の励ます言葉。「頑張ってるね」

sponsered link

先日こんなツイートをしました

 

仕事のことで落ち込んでいるときに,励ましてもらって印象に残っていること

それは「がんばれ」って言われなかったことです

落ち込んでたりうまくいってなかったりする人をみると,つい「がんばれ」って声をかけたくなってしまいますよね

 

でも,それはちがうんだってことがわかったんです

がんばれ

より

がんばってるね

の方が,励まされることがわかったんです

なまっちゃ
自分でも人を励ます時に「がんばれ」って何も考えずに言っちゃってたからこれはいい経験だったかも

 

落ち込んでいる人はもう頑張っていることが多い

私は,頑張って勉強したのに全然仕事についていけないことが悔しくてかなり落ち込んでいました

仕事の様子はここに日報としてまとめています

【1週目】エンジニアに就職!女性エンジニアとして働きはじめました!

なので,「がんばって」って言われると

なまっちゃ
いや,もう頑張ってるし…

となんか反抗的な心になってしまっていたんですよね

(励ましてもらってるのに心がすさんでますね笑)

 

落ち込むまでのストーリーは人それぞれなのでこれだ!というのは難しいですが

一生懸命やったのに結果がついてこなくて落ち込んでいる人に「がんばれ」というのは酷です

 

だって,もう頑張ってきたんだから

「がんばれ」という言葉は,ある意味今までのその人の頑張りを否定してしまうことになりかねないのです

 

「がんばってるね」って言われると気持ちが落ち着く

じゃあ逆にどんな言葉をかければいいのか

それは「頑張ってるね」ってことばです

励ましでもなんでもないけど,この一言を言われたときにすごい落ち着いたんです

 

人がだれでも持っている承認欲求を「頑張ってるね」という一言が満たしてくれるんですよね

 

頑張っているのに結果が出ない時は,落ち込んでいる人にとってその頑張りが認められてないような気持ちになっています

そんなときに「がんばってるね」と一回受け入れてくれることで,安心感と今までの頑張りは無駄じゃなかったんだって思えることができるんです

 

なまっちゃ
わたしもこの言葉を言われた時は,すごい

 

「頑張ってるね」その一言が落ち込んでいる人を救う

落ち込んでいる人を励ますのって結構むずかしいですよね

 

だからと言って,ありきたりの言葉を相手に渡すのはとてもリスクがあります

励ますためにかけた一言がもっとその人を落ち込ませちゃう可能性だってあるんです

 

相手の背中を押すんじゃなくて,相手を前から抱きしめる

そんなイメージの言葉をかけてあげることが,最大の励まし・なぐさめの言葉になるんだなと

大切な人から言われて気づいたことでした

 

ぜひ,周りに落ち込んでいる人がいたら

「がんばれ」

じゃなくて

「がんばってるね」

と優しくで受け入れてあげてください

スポンサーリンク