【とにウツから学ぶ】なんでも人のせいにしてしまう たった1つの理由

sponsered link

すぐ人のせいにするじゃん〜

親からこんなことを言われた経験はありませんか?

女子大生なまっちゃ(@namatcha_ )も,親によくしかられます

「人のせいにしちゃだめでしょ,自分のせいでしょ」

自分でもわかってるけど,だって…ってなるときありますよね?

今回は,なぜ人のせいにしちゃうのかを『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』から学んだことを紹介していきたいと思います

 

人のせいにするのは押し付けられたことだから

とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』の1節にこんな言葉が書いてあります

人に押し付けられたことを無理やりやったら結局またその人のせいにしてしまうでしょう

 

心にグサッとくる一言…

人に押し付けられたことを自分が納得していないのにやってうまくいかなかったときに,その人のせいにしてしまうんですよね

なまっちゃ
たしかにお母さんにやれって言われてやって,失敗したら「ほら〜お母さんのせいだよ〜」って言い訳してたかも…その通りすぎる

 

留学しなかったのも親のせいにしていた

私は中学生のとき,海外で生活するために留学をしたくて,高校になる前に学校を辞めて海外飛び立とうと思ってました

でもその時に母親に止められて留学を諦めた経験があります

普通に高校に行って大学にいきなさい!そんなお金なんてないんだから
なまっちゃ
そっか…そうだよね…わかった高校行く

 

今となっては,大学生になってから留学に行ったりとかそれで人生が変わってる子が結構周りに多いです

私もその時期に海外出ていたららどう変わったんだろうなと考えることがよくあります

  • お母さんが止めてなかったら
  • お母さんがその時に賛成してくれたら

お母さんが…といつも考えてしまいます

 

お母さんがあの時高校に行くことを押し付けられていなかったら,自分の人生変わらなかったかもと思ってしまうんです

自分の中で納得していないのにお母さんが言ったから!と行動した結果,人のせいにする考え方になってしまいました

 

自分の意見を大切にして人のせいにしない

やっぱり何かを決めるときは人の意見も聞くこと大切ですが,自分の意見を一番に持つことが大切なんだと思います

自分の中で納得してから行動する

そうすることで,人のせいにしないで自分の責任で生活していきたいですね

 

スポンサーリンク