「妄想疲れしたふたり」さえりさん×カツセマサヒコのイベントが最高だった話

sponsered link

 

楽しみで楽しみでしょうがなかったこのイベント

「妄想疲れしたふたり」さえりさん×カツセマサヒコ出版記念イベント

に参加してきたなまっちゃ(@namatcha_)です

 

どんなイベント?

このイベントは.ライターであるさえりさんが出版した「今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた [ さえり ]」と「今日は、自分を甘やかす [ 夏生 さえり ]」の出版イベントとして開催されました

そして,ゲストとしてツイッター王子ことカツセマサヒコさんが共演されていました!!!

ツイッタラーであり,ライターである二人が,最近の事についてまったり,時に真剣にいろんなテーマで対談

 

会場は渋谷のLOFT9で行われ

会場内はほぼ満席!!!

ライターなのに,出てきた瞬間黄色い歓声があがり,本人たちも芸能人みたいと驚くほどでした

 

客層は主に20〜30代女性が多かったですね

やはり,その年代に共感を得やすいのでしょうか

 

さえりさんとは?

本名,夏生さえり(なつおさえり)

文章を書くいわゆるライターをやったり ,広告記事、取材記事、物語、エッセイ等書いてます。

さえりさんの処女作

今日は、自分を甘やかす [ 夏生 さえり ](ディスカヴァー21)』(4/20発売)

今年の春は、とびきり素敵な春にするってさっき決めた [ さえり ] (PHP研究所)』(5/1発売)

を出版し,女の子に絶大なる人気を誇ってます

ライターってくらい感じの人なのかなーって思ったらそんなことなくて

本当に美人!!!芸能人並みに綺麗な女性でした

 

 

さえりさんは,妄想ツイートを書くことで有名なんですが

なまっちゃ
あーこれ理想だよね,きゅんとするわかるわかる…

と共感する事が多々あります

 

さえりさんま妄想ツイートだけではなくて,しっかりと真面目な記事も書いていますよ!

今話題の,養子縁組についての記事もぜひ読んでみてください

カツセマサヒコとは?

広告記事・取材記事・エッセイ・物語・歌詞・脚本・メディア運営その他、企画・取材・執筆・編集など

様々な連載を持っていて,その独特のメンヘラ感から,さえりさんと同じく若い女子に人気です

 

Twitterの自己紹介の部分には

カツセマサヒコ
ラジオに出たり登壇したりすると嬉々として実家に連絡をいれます

とかいてあり,あざとさがちゃんと出ています…笑

こういう仕事を5年間も続けていたらしいです

そんな生活を送りながらブログを書いていたら,書く事が好きになりライターをするようになったのだとか…

 

今のゆるふわパーマ青年からは想像もできない姿ですね

 

 

なまっちゃ
それにしてもかっこいい…

この雰囲気,私大好きですww

 

カツセさんもツイッターでは妄想ツイートをつぶやいています

でもちゃんとした記事も書いていて

カツセさんの記事は魅力的で,何回でも読めてしまいます

 

 

まずはしっかり宣伝!

カツセさんが,こういうイベントで緊張しない方法をお話されていました!カツセマサヒコさんの緊張感しない方法のおはなし


でも,その方法の内容は,なんとさえりさんが出した「今日は自分を甘やかす」に書いてある内容なんです

なまっちゃ
な…なんてやさしいんだ…

そしてふたりのコントみたいなやりとりが癒しそのものでした

 

二人の出会いは飲み会

たまたま,共通の知り合いが主催していた飲み会に参加した二人

そこで,二人は話して,仕事を一緒にしよう!!というのがさえりさんとカツセさんコンビの始まりだそうです

 

さえりさんの夢を叶える方法

 

その夢がほんとに叶えられたってすごいですよね

ディスカバー21の本としての綺麗さが,さえりさんは好きで

自分が1冊目の本を出版するならここがいいと思ったそうです

 

強い思い出,願望を持ち続けると自然とそういう形で実現しているのだとか

引き寄せの法則はあると思っているそうです

未来日記をつけていた

これに影響されて,私も未来日記を書きました

書いてみると「予定」みたいになるので,本当に起こるような感覚になるんですよね

それにしても,さえりさんの未来日記読んでみたい…

ディスカバー21さん…検討お願いします!!(笑)

 

妄想ツイートを始めた理由

 

自分の思考力を衰えさせないために始めた妄想ツイートだったんですね!

それにしてもリアリティがすごい…

 

これは,カツセさんが始めた理由です

自分がインフルエンサーになれば,まだ話題性が少ないけどいい記事を書く人を広められると思い

着々とPDCAを繰り返しながら,フォローワーを増やしていってたみたいです

 

好きな事をやっていたらライターになっていたカツセさん

最初は,妄想とかだけでなくいろいろな事を書いていたカツセさん

そこでは,収益とかは気にせず,好きな事を好きなように書いていたそうです

そうしたら,誰かの目に止まりライターへと転身

好きな事が仕事になるってこういう事なんですね

ライターの本音

好きなことだけを書いてるんじゃないよという事を伝えたかったさえりさん

お仕事をもらえるからこそ,このライターを続けてられている

好きな事だけじゃない,大変な事だってあるってことを語っていました

 

カツセさんも,フォロワーを広めるために,何度もトライしながら

記事やツイートを書いていたそうです

どういうのを書けば「いいね」が増えるのかなーとか考えながら

 

ライターという一見華やかそうな世界ですが,やっぱり仕事は仕事

大変な事や,辛い事も少なくはないそうですね

 

さえりさん流妄想の方法

一つのテーマ,言葉を決めてそこから広げていくイメージだそうです

カツセさんも,曜日や時間からどんどん広げていくそうです

お二人の広げる力には感嘆しかありません

どうして妄想なのにあんなにリアルでキュンとした文章がかけるのでしょうか…

うらやましい!

 

もっと好きになりました!

 

もともとツイッターからお二人の事を知り,文章が好きでファンになったなまっちゃですが

実際にお会いしてもっともっとお二人の事が好きになりました

 

リアルで会うとこれからの記事の見方が変わってきますよね

なまっちゃ
あーあの時言ってた,こんな事を思いながら書いてるのかなー

とか笑

これからも,お二人の書く文章に注目していきます!!

それにしてもさえりさんかわいいな…

そんな可愛いさえりさんの本が気になった方はぜひ読んでみてください!

 

スポンサーリンク