ディカプリオぶっ飛び映画!ウルフ・オブ・ウォール・ストリートを見た感想

sponsered link

率直に言って,この映画やばい

ウルフ・オブ・ウォール・ストリートは,口コミで前々から「やばいやばい」とは聞いていたんですが,まさかここまでやばいとは…

評価としては最高なんですが,これは好き嫌い別れます

なまっちゃ
わたしはもう面白すぎてどハマりしちゃった!!!

今回は,女子大生なまっちゃ(@namatcha_)が観て思った,ウルフ・オブ・ウォール・ストリートの感想を書いていきたいと思います

ウルフ・オブ・ウォール・ストリート

(原題:The Wolf of Wall Street)

主人公はレオナルド・ディカプリオ

知らない人はいない,超有名俳優が主人公を演じています

 

あらすじ

小さい頃からお金稼ぎには才能があった,ディカプリオ演じる主人公ジョーダンは,22歳という若さにして,ウォール街の投資銀行の正解にとびこみました

学歴や家柄がよかったわけではないんですが,ロジカルでぶっ飛んだ発想と,巧みな話術であっという間に,お金持ちに…

26歳で会社を設立,年収4900万ドル

女も酒も金も何不自由ない生活を手に入れ,またもぶっ飛んだ発想でどんどん会社を大きくしていきます

しかし,だんだんと感覚が麻痺していき,その先に待っていたのは…

ジョーダン自身の日記をもとに作成されたヤバすぎる人生を映画化しました

なまっちゃ
この映画実話がもとになっているんだね…それはもっとやばいww

 

ウルフ・オブ・ウォール・ストリートを見る時の注意

あの…とにかく,過激です

女性とのそういうシーンも多いし,薬を飲んでる姿が普通に映ります

そして,お金持ち特有の自尊心が高いのが苦手だと,3時間にも及ぶ長時間,観続けるのはすごいつらいかもしれない…

なまっちゃ
特に,日本だとそういうのが特に嫌がられているから,嫌いな人が続出するのかもね

 

でも,全体的にはコメディ調なので,面白い方にハマれば全然観ることができます

てか,めちゃくちゃ面白いです!!!

なまっちゃ
あまりにも,そういう過激シーンが多くて,最後には観るの慣れちゃってたよね笑

 

ディカプリオ様かっこいいからみたい!

彼氏とみたい!

家族とみたい!

こういう理由だけで行く人は全力で観ないことをオススメします

絶対に気まずい雰囲気なります!!!!

 

お金儲け・営業マンは観るべき

逆に,お金儲けが大好きな人や営業マンには観てほしい映画です

お金を稼ぐ意欲を出したい!!って人にもおすすめですね!

 

なので,過激なシーンでも耐えられる友人などをつれて観にいってください

 

グロいわけではなく,単に「お金,女,薬」が頻繁に出てくるだけなので,グロいのが無理ってだけな人だったら観ることができます

なまっちゃ
実際に私もグロい系は無理なんだけど,全然みれた!そういうシーンはほぼないよ!

 

ジョーダンの話術は見習うところがたくさん

まず,このウルフ・オブ・ウォール・ストリートで観るべきポイントは,ディカプリオ演じるジョーダンの喋り方

株を売る時のテレアポほんとうにうまいんです

なまっちゃ
ものを売る人は,全員参考にしたほうがいい!!!!!

 

私は,何回もこのジョーダンが電話で株を売りつけるシーンをリピートしたんですが,喋り方の勉強にすごいなるんですよね

お客さんの話をひたすら聞く!こっちから喋らない

ポイントは,

客が喋り終わるのを待つ

こっちが先に喋っちゃダメ

こちらが喋った瞬間に信用がなくなり,買ってもらえるものももらえなくなってしまうのだとか

悩んでいるのをひたすら我慢して聞いて待つ

 

それが必勝法らしいです

明るい未来を想像させる

ジョーダンの話術の特徴として,相手の明るい未来を具体的に見せる能力があります

  • ジョーダンの会社に入社したらどんな生活を送れるのか
  • 株を買って儲けがでたらどんなものが買えるのか

 

ただ儲けることができるよーではなく,その後の未来のことまでしっかり言ってくれます

その人の生活に合わせて,明るい未来を想像させてくれるんです

 

これは,営業している人や,セールス文を書いている人にすごい使える技だと思います

なまっちゃ
映画でのジョーダンの話し方,内容を覚えるまでみてほしい!これなら商談が決まるわけだって納得できるくらいのスキルを観ることができる!

この記事でも,相手に明るい未来を見せることによって稼ぎが変わることが書いてあります

現代のお金の増やし方!革命のファンファーレを女子大生が読んだ感想

ジョーダンのリーダシップ論

ジョーダンは,自分が設立した会社で働いている部下を惹きつける能力もものすごいんです

 

飛び抜けた話術と,徹底的に部下を信頼することを,毎日毎日社員の前でみせていました

なまっちゃ
リーダーになるってことは大変だけど,こうすれば部下は付いてきてくれるんだ

そういうことを,この映画から教えられます

 

証券会社はスピードが命なんですが,それに対してどんどん社員全員のやる気を出させている感じがすごかったです

社員数が増えても,みんなジョーダンの話に夢中・そして興奮

一種の宗教っぽくなってましたが,それもそれでジョーダンの作戦ですよね

なまっちゃ
こんな「未来は明るい!お前たちを本当に信頼しているんだ」みたいなことを常日頃言われてたら,ついていこうって思っちゃうよね!こういうリーダー憧れる

 

挫折してもなんども立ち上がるのが勇気付けられる

成功して何もかも手に入れたジョーダンでさえ,失敗の数はかぞえきれないほどしています

劇中でも,なんかいも警察沙汰になることをしていました

何回も株価が危うくてピンチになることがありました

 

でも,持ち前の頭のキレのよさと強運でなんとか乗り越えてきてる

その,ジョーダンの心の強さと上昇志向が一貫して映画の中で表現されています

なまっちゃ
これをみると自分の挫折なんてすごい小さかったなって思えてくるんだよね,もっと失敗しても大丈夫か!ってなんか挑戦する怖さがなくなってくる

ディカプリオの狂い具合が最高

とにかく狂ってます

ぶっ飛んでます

キチガイになってます

かっこいいイメージのディカプリオのまま観ると,もうイメージ崩壊です

 

でも,やはりディカプリオの演技がうまいからこそ,イメージ崩壊ができるんですよね

コメディならではのひょうきんで面白い感じをだしながら,狂気じみた人を演じる

これすごい難しいことだと思うんですが,演技にたいする違和感を覚えずに見入ることができます

羨ましくないけど憧れる

薬に溺れて,女の人と何人もそういう関係になる

観ていてまったく羨ましくないし,お金持ちになってもこういう風にはなりたくないと思います

けど,同時に,なんて面白い人生を送っているんだろうと憧れる部分がありました

 

 

お金があればなんでも自由,世界が変わる

お金を使って,一生涯で自分が好きなことをやり続けている姿はなかなか実現が難しいがゆえ憧れます

 

なまっちゃ
自由を手に入れるにはやっぱりお金が必要なんだよね

 

3時間の映画だけどあっという間に感じる映画

とにかく過激で,いかにもブラックコメディという感じなので,賛否両論な映画だと思います

でも,ハマってしまえばほんとうに面白い

 

3時間があっという間に感じるくらい,スピード感があってドキドキする映画です

そして証券銀行のこととか営業のこととかイメージつかなかったんですが,この映画は実話なのですごいリアルに描かれていてそれらのことを知ることもできました

 

ちょっと最近ドキドキしないなーってひとはぜひ観てください

ぶっ飛ぶくらいパワフルなれる映画です

 

 

 

 

スポンサーリンク