彼氏と喧嘩して嫌われたくない!好きな人に嫌われた人に伝える嫌われない方法

sponsered link

好きな人に嫌われるかもって思ったときの恐怖はすごい

先日,なまっちゃ(@namatcha_)彼氏と喧嘩しました

その時に

彼氏と喧嘩して嫌われたくない…

って本当に思いました

 

今回は,

  • 好きな人に嫌われる恐怖
  • 好きな人に嫌われたと思った時にやること

を紹介します

 

彼氏と喧嘩して嫌われた?!

だれでも・どんな人でも,好きな人に対しては「絶対に嫌われたくない」って思いますよね

だって,好きだから

 

先日,彼氏と喧嘩した際も

なまっちゃ
もしかしたら好きな人に嫌われちゃうかも…もう私とは一緒にいてくれないかも

と思った瞬間に,恐怖と悲しみで心臓の動機が止まりませんでした

 

自分がほんとうに好きだと思ってた人に嫌われる

ということは,自分の「心地いい」と思ってた場所が消えることを意味します

その場所を失う可能性があると,は恐怖と悲しみが襲ってくるんですよね

なまっちゃ
自分の住んでた家がなくなるみたいな…

 

好きな彼氏に嫌われたかもってなることはすごい辛いです

 

別に彼氏に嫌われてもいい?!

一方で,別に彼氏に嫌われてもいいし!って吹っ切れる人もいます

 

恋愛ライターのさえりさんが書いていた「今日は、自分を甘やかす 」にこんな一節があります

合わない人と無理に仲良くしなくていいじゃん

嫌われないようにふるまって得られるのは唯一「不快にさせなかった」という達成感だけで,嫌われないようにふるまって「好かれるようになる」ことはあまりない

 

このように嫌われないようにしようって思うと,自分が無くなります

だから,「合わない」って思った人に好かれようとは思わないし,嫌いだったら嫌いと思うスタンスは自分を保つにはすごいいい方法です

 

かと言って,好きな人に嫌われてもいいやと吹っ切れる人はごく少数です

わたしなりに「彼氏に嫌われたと思ったらすること」を女子会からの体験からお伝えします

————

 

さえりさんの今日は、自分を甘やかす という本は,ほんとうに疲れたときに心に響きます

疲れちゃったなーなんかうまくいかないなーって言う人は読んでください

心の薬になりますよ

 

プライドを持たずにしっかり彼氏に謝る

 

とにかく謝る

ちょっとでも自分が悪かったと思ったら謝ることが大切です

 

本当に1ミリも自分が悪くなかったら謝らなくてもいいかもですが,喧嘩になるってことは相手も不満に思っていることがあるってことですよね

だったら謝りましょう

いつまでもプライドを持って「あっちが謝るまであやまるもんか!」とか思っていたら意地の張り合いになってしまいます

しかも,そうやって意地を張っている女性って可愛らしくないですよね

きちんと謝って素直になれば,彼氏の気持ちも変わるものです

 

彼氏に嫌われても好きって気持ちを伝える

「好き」と言われて嫌な人はいません

そして返報性の法則で,自分のことが好きな人は好きになってしまいます

 

喧嘩して嫌われたかもと思った彼女は,好きという気持ちをしっかり伝えましょう

自分が悪かったかもしれない・相手が悪かったかもしれない

どちらの場合でも,土台には「好き」という気持ちがあるよってことを彼氏に感じさせてあげましょう

そうすれば,彼氏だって「俺も好きだからこその…」という考えになっていくかもしれません

 

嫌われたかもしれないときは彼氏としっかり話し合う

最終的には「話し合い」をしっかりすることが嫌われないための最善の方法です

自分の気持ちが伝わらなければ,彼氏と気持ちがすれ違う確率が上がってしまいます

 

自分の心の中で考えていると負のループにどんどんハマってしまって,気持ちが落ち込むだけですよね?

嫌われたかも…ってことも,ただの被害者妄想かもしれません

 

だからこそ,しっかり彼氏に今の気持ちを話し合いで伝えてください

 

彼女
普段しっかり話し合ったことがないから,本音とか言えないよ…話し合いできない…

と思う人は,お酒の力を借りてもいいかもしれません

お酒が入ると本音が言いやすくなるし,いい意味で場の温度が上がります

話しづらい…となったときは,カフェでなく居酒屋などで話し合うようにしましょう

 

彼氏と喧嘩して嫌われても大丈夫

彼氏と喧嘩しちゃった…嫌われたかも

と思っても,凹んで引きこもらないでください

彼氏はそこまで嫌いじゃないかもしれないですよね

 

喧嘩したらまずはしっかり話し合ってお互いの理解を深めてください

もしそれでもダメだったら次!次に行きましょう

 

わたしも彼氏と喧嘩したらこの記事をみて,しっかり気持ちを伝えるようにしよう

スポンサーリンク