女子校あるある!?スクールカーストの真実

sponsered link

 

 

このツイートをみて激しく納得してしまった,なまっちゃ(@namatcha_)です

 

そして,女子校のスクールカーストの真実を語りたくなってしまいました…

 

 

女子校のスクールカーストって何か,あなたは知っていますか?

スクールカーストほど,人格の上下関係があらわになることはありません

 

わたしは中高で女子校に通っていた,生粋の女子校育ちです…

比較的,学年内の仲は良い方だったんですが,やはり女子だからスクールカーストはあるもの

 

今回は,リクエストがあったので

女子校のスクールカーストの真実についてお話します

 

スクールカーストってなに?

 

スクールカースト(学校カースト)

学校という狭い空間の中で,学生の間で人気の度合いの序列を示したものです

 

それを,カースト制度・身分制度といった階級を示す言葉になぞらえたもの

一般的には上から

  • 一軍・二軍・三軍
  • A・B・C

といったように階級を分けられます

 

私の学校の場合は一軍,二軍,三軍の呼び方で階級を分けられていました

 

どんな人がカースト上にいくの?

スクールカーストの一軍から三軍まで経験したことがある私的見解を書いていきたいと思います

 

一軍

とにかく見た目がいい!かわいい!!イケメン!!!

女子校で一軍になるには,見た目がよければ100%一軍にいけます

 

やっぱり女の子でも,かわいい子は好きなんですね

 

だから,顔さえよければ,どんなに性格が悪くても上位に食いこむことができます

(もちろん性格の悪さに限度はあるよ…w)

 

実際,私の女子校も,一軍にいるけど性格がすごい悪かった子が何人もいます

こういう子は二軍や三軍の子に嫌われがちなんですが,

やはりかわいいしスタイルいいしってことで,どうしようもできなくて二・三軍は見てるだけで終わってしまうんですね

三軍
結局は中身でしょ…可愛いからってなんでも許されると思って…

僻み・嫉妬がすごいことになってます笑

 

例外的なのが,顔はそこそこでもコミュ力がすごい子

イベントごとでは,絶対にリーダーになってみんなをまとめる役割を担う子です

一軍
みんなーほら!!がんばろう!あと少しだから!!!!

文化祭の後夜祭とか,みんなの前でモノマネ芸をしちゃったり,運動会とかで指揮をとってまとめたり…

将来有望,できる系女子が多いです

 

そしてスポーツができるイケメン系女子も一軍に多いです

バスケ部とかで運動神経がずば抜けていると一軍にいることが多いです

でも,この人たちも結局は顔がいいことが多いんですけどね…笑

 

 

二軍

まあ,よくもなく悪くもなく

見た目も頭も何もかも人並みの人が二軍です

 

そして,一軍に憧れを抱いている子が多いのも二軍の特徴です

あんな風に可愛くなりたい!みんなの注目の的になりたい!と強い願望を持っている印象が強いですね

二軍
うわぁぁかわいいいい
二軍
ほんとにすごいねーーー

とか言って一軍のご機嫌をいつも取っています

 

たまに,二軍なのに自分は一軍だと勘違いして

TwitterとかInstagramとかに自撮りをUPとかしちゃってる痛い子もいます

こういう子は,一軍からは

一軍
何こいつ?自惚れてる
と思われるし

二軍からも

二軍
一軍気取り!?所詮あなたは二軍
扱いされるので

下手したら三軍に落ちる危険性があります

 

三軍

言葉をオブラートに包まず言うと…

不細工な子,運動神経悪い子,オタク,コミュ障

のどれか2つぐらい当てはまっちゃうと三軍でした

どんなに性格が良くても…です

 

もちろん一軍に運動神経が悪い子もいますが

そういう子は,顔がかわいいので三軍には入りません

 

二軍の「ふつうグループ」にも満たない人が三軍という感じです

三軍には,ある意味目立つ子が多いんです

 

何が変わるの?

じゃあ,スクールカーストの中でいる階級によって何が変わるの?

と思う方も多いと思いますが…

 

もう…全てです!!学校生活の全てが変わります!

 

天と地です…
どういう部分が違うのかあげだしたらキリがないので,体験しててこういうこと多かったなーっと感じたことを抜粋していきたいと思います!

 

  1. 一軍
  2. 二軍
  3. 三軍

 

というふうに見ていきますね

 

一軍は写真に写る回数が多い

写真からはカーストがよく見えます

 

普段のSNSの写真などなど…

写真に出てくる回数がカーストによって全く変わってきます

  1. 自撮り多め
  2. 自撮りと物撮りが半々くらい
  3. 顔が映ることが少ない…アニメ多め

 

やっぱり一軍の人たちって,自分がかわいいことを知っているし

写真の写り方が上手で,それをうまく加工して頻繁にSNSにあげます
修学旅行や遠足などに行くと,後日写真を注文できたりしますよね

そのときに写真を選ぶんですが,ここでもスクールカーストが…

 

明らかに一軍の写真が他の軍に比べて多いんです

ルックスもいいし,写真の写り方も知ってるし,ちゃんとカメラの方を向いてくれるから

カメラマンのシャッターを押すチャンスが自然と増えるんです

二軍もそれなりにカメラ慣れはしているので,一軍ほどではないですが映る回数は多いです

 

三軍はというと…

  • そのグループで並んでピースしてる
  • 歩いてる写真の一部分に小さく写っているか
  • 全体の集合写真

のどれかですね

 

うん…少ないし,普通

 

写真慣れ,どれだけカメラマンがシャッターを押したくなるか

映る頻度は変わってくるみたいですね

その対応が上手だからこそ,一軍の写真が多くなってしまったというわけですね

 

「いいね」がたくさんつく

 

  1. ちょっとしたツイートやinstagramの投稿で「いいね」の数がすごいつく
  2. そこそこ「いいね」がつく,身内グループの「いいね」が多い
  3. 「いいね」がつかない,スルー(たまにオタク界隈で有名で「いいね」がすごい付いている人も…)

 

一軍は友達も多いですし,二軍からの憧れの的なので

スタバの飲み物をちょっとピンクをかけてあげるだけで,「いいね」がつきます

 

それも結構な数が…

 

さらに,一軍の中でもアイドル的な存在の子は,自撮りをあげると「いいね」の数がすごいことになります

一軍の「いいね」の数の平均は10〜50くらいです

 

すごい子だと,学校以外のファンも多いので500くらい普通に「いいね」がつく子もいます

 

それに比べて,二軍・三軍の子は身内(所属してるグループ)からしか「いいね」はもらえないですね

なので,いいねの数は平均で1〜5くらい

 

いいねの数だけで,その子のカーストがどこに位置するのかわかってしまうんですね

「いいね」の数に注目してインスタを漁ってみるのはいかがですか??

(こわい…w)

授業中の先生の対応が変わる

 

これはけしからん!!!!

って思うかもしれませんが,現実です

 

  1. お気に入りの子としての対応
  2. 普通の生徒としての対応
  3. 一軍の目を気にしながら対応

 

一軍の子の方が明らかに先生の対応がいいです

 

課題を忘れても怒られません

「まあ…しょうがないか」といった感じで終わりますが

 

二・三軍の子が課題を忘れると

「君はまた忘れたのか…だから君はさ…」といったように説教されます

 

ホームルームのときとかも

先生は一軍の話の輪に入りますし,そこで楽しそうに会話します

 

他は放置ってことも…

 

先生は平等に扱っているつもりなんですが

どうしても一軍の方が面白いしコミュ力もあるし明るいしで話したくなってしまうんですよね

 

先生も人間なんです

 

前に出た時の反応が変わる

”前に出たとき”というのは

  • 授業に当てられて黒板に書きに行くとき
  • 何かの代表で舞台に上がるとき
  • 教科書などの音読をするとき(これは前じゃないか…w)

 

など,一人が大勢の注目の的になった状態ですね

 

このときは本当にカーストがあらわになります

 

  1. お褒めの言葉が飛び交う
  2. 反応なし
  3. 嫌な雰囲気のざわざわが起こる

 

まず一軍の子は前に出るだけで

二軍
今日もかわいいね…
二軍
なんかいい匂いしなーい??

と,二軍の子達が騒ぎます

ちょっとドジったり面白いことをするだけで笑いがおきます

みんなが,まさにその子一人の動きに注目しているんです

 

逆に二軍の子だと…

反応なし

別に無視とかではなく,ただ当てられたなー,前に出てるなーってなるだけです

日常生活の流れの中で生まれた出来事のような扱いになります

でも面白いこととかあれば笑いは起きますし,とにかく普通の対応を取られます

 

そして三軍はというと…

ある意味注目される

「なんでこの子が前に出てるの?」

「どんな行動するんだろ…」

といったようにみんなが注目します

しかし決してそれは気持ちのいいもの出はなく,珍しいものを見るような目

本人がもし気づいているなら,中々前に出にくい雰囲気です

 

動画にちょっと出ただけでかわいー

 

もうこれは私の体験談でしかないんですが…笑

 

卒業近くになると思い出をまとめるために,スライドショー的なムービーをつくることがありますよね

その時に,スクールカーストが…

 

  1. 映ると黄色い歓声があがる
  2. 映ると普通にみんなが見ている,特に反応なし
  3. 2軍に同じ

 

一軍が出ると

「きゃーーーかわいーーー」という黄色い歓声

「かっこいーーーイケメン!イケメン!」という憧れの眼差しが降り注ぎます

 

本人たちもまんざらでもない感じで,その状況を楽しみます

かわいいとか綺麗とか言われるのは嫌ではないですからね

 

二軍・三軍はというと…

しーーーーーーーーーーーーーーん

みんな普通に見ていますね

特になんの反応もなく

最悪の場合前に写ってた一軍たちの歓声が止まないうちに,つぎの写真が終わってしまうこともあります

 

 

 

スクールカースト上位になるべし

ここまで読んでいてわかったと思いますが

学生のみなさん!!!!カースト上位になるべし!!!

 

一軍に入ることができれば,学校生活が一瞬にしてキラキラして楽しいものになります

 

二軍・三軍のときも別に学校生活は楽しかったのですが

一軍に入ると,見える世界が変わります,ほんとに

 

何をやってもキャーキャー言われるし,怒られないしw

 

 

三軍
なにを偉そうに…見た目がいいからって調子のってるわw

といったようにブログを読んでる人の中には,一軍の存在を嫌う人もいるかもしれませんが

嫌っても,一軍にとってはそんな存在を気にもしていないのが現実です

 

一軍には,多くのファン,支えてくれる仲間が大量にいるからです

そんな一人の僻みなんてちっぽけなものです

 

 

それに,一軍だってそれなりに努力はしているんです!!!!!!

見た目も面白さも,日々努力して積み上げてきたからこそ一軍に入れているんです!!

(熱くなりすぎてしまった…)

 

悔しい!!どうすれば一軍入れるの??

 

とにかく,自分を磨いてください

生まれながらの顔というものがあるかもしれませんが

その他の部分を磨くことで一軍に入ることはできます

 

美を極める

顔は普通でも,髪がありえないくらいサラサラでスタイル抜群だったら入れる可能性は上がります

徹底的に美を極めてみてください

 


西麻 布子さんのツイートは率直に書いていますが,その通りだと思います

結局,美しいことがすべて

ぜひ西麻 布子(@nishiazabukochan)さんのツイートを読みまくって美意識をあげてください

 

 

美を極めてください

美について研究してください

最近のブームは本島さんのこの本です

ほんとうにすっきりして,周りの人にやせたねと言われる機会が増えました

この本の著者の本島さんがもう綺麗なので,見てるだけで美しくなろうというやる気が湧いてきます!

コミュ力を極める

どうしても見た目が …と思っている人は

コミュ力,会話力を極めてください

私のオススメはこれらの本です

これを読めば人との会話がスムーズになるし,なにより楽しいです

 

会話でどうしよってドキドキすることがなくなります

 

これもオススメです!

やっぱり芸人さんの話しって面白いしなぜか惹きつけられますよね

面白さは芸人から学べ!!っていう本です

 

やっぱり話が面白い人が一番ですよね!

なまっちゃ

 この2つを兼ね備えていれば大体の人は一軍になれるのではないでしょうか…

 

でも,周りを気にしすぎもダメ

しかし,周りを気にしすぎるあまり

自分を演じてしまって疲れてしまう可能性があります

 

一軍の人たちは自分が好きで周りの評価なんて気にしてない人が多いです

だからこそ,キラキラしてるし,そんな生き方をしている人に憧れを抱く人が多いんですよね

 

なので,努力して美や教養を身につけて,それが自分!っと言えるようになるのならいいんですが

自分を押し殺してまで一軍になるんだったらやめた方がいいと思います

もちろん一軍になれたら楽しいですが,本当の自分を出さないでいるとそのうち辛くなってきます

そしてボロが出ます…

 

周りの目を気にしすぎないで,自分の生きたいように生きるということをやってみるといいかもしれません

どうすればいいの…っていう人は,一時話題になった「嫌われる勇気」を読んでみてください

これは本当にオススメです!!

ふっと心が軽くなるのを感じることができます

 

 

自分はどこのカーストが合っているのか

ついつい熱くなって書いてしまいましたが

 

一軍で楽しめる人もいれば,二軍で自分を出すことができて楽な人もいます

 

ぜひスクールカーストを楽しむ気持ちで学校生活を送ってみてください!

もし,「わたしのカーストはこんなのがあった!!」という人がいたら,面白いエピソードお待ちしております!!

随時,記事に追加していきたいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク