[朝渋]イベント担当者に届け!!イベント運営に失敗しない方法ここにあり!

sponsered link

イベント運営したいけど,どういうことすれば若い女の子たちいっぱい来るんだろう

って悩んでいる運営者いませんか?

 

とくに男性が運営者だと,女性のキュンポイントがわからなくて,なんか試行錯誤な感じになりますよね

そこで今回は,朝渋のイベントにkakeru編集長三川さん(@nach33)をモデレーターに、同編集部員兼SNSコンサルタントの鵜ノ澤さん(@unonao_kakeru)、同メディアで連載を持つ久保さん(@honami725_ )3名の女性をゲストに

  • どんなイベントに行きたくなるのか
  • 行きたくないイベントはどこがダメなのか
  • 女子大生が語るイベント担当者に言いたいこと

などを徹底的に語っていただきました

その様子をイベントレポートしたいと思います

あなたのタイプはどっち?

(photo by@takumiYANO_ )

  1. インスタグラマー憧れ族
  2. 情報収集族

 

わたしは圧倒的に情報収集族ですね

投稿にはこだわらず人のを見ることに重きを置いているので,インスタグラマーには全く憧れていないです笑

ストーリーズでもtwitterみたいなことが起こっているんです

わたしも基本的にインスタはストーリーズばかり見ていて気になったことにDMを送ってしまっていました

こういう見ている側の人間のことは考えていなかったので,新しい視点をもらうことができました

 

若者がイベントに求めていること

写真がなきゃイベントに参加したことにならない

ほんとうにこれ!!

よほどのインパクトがなきゃ,なにか残っているものがなければ忘れてしまうんですよね

だから,写真を撮れなかったイベントは,参加した当日は余韻があっても1週間もすれば内容もあんまり思い出せないほどに…

なまっちゃ
写真を撮ることってすごい大切なんだなって実感

 

2つ目の「イベントが遊び場所になる」は,「まさに!」と思いました

twitterでRETRIPのアカウントからイベントをみつけて,それをメインにして遊びの計画を立てます

 

だから,「そのイベントでどれくらいの時間が過ごせそうか」というのは私的には結構大事

1日遊ぶ約束だったら,それを楽しめる時間が長いイベントの方が行きたくなります

ハッシュタグの設置位置を考えて

徹底的に,イベント参加者がどうやったら心地よく拡散できるのかっていうのを考えなければいけないんですね

なまっちゃ
あーさすが!これこれ!って思うイベントってすごい良い印象が残るイベントになるんだよね

写真を撮ることに慣れてるスタッフを置いて

これはね…ある

フォトブースがあって,そこで写真を撮ってもらうためにずっと並んでたんですよね

やっと順番が回ってきて,スッタフの人にパシャりと一枚撮ってもらったんです

で,スマホの画面を見て確認すると…

なまっちゃ
ぶれてる…なんか斜めになってる…いや…こんなに並んでこのクオリティ

 

その写真はSNSにあげることもなく,お蔵入りになりました

 

どんなにブースが良くても,残る写真がダメだったら,悪いイメージで終わってしまうしSNSで拡散されることもありません

ほなみさんも,「照明が悪いとテンションがさがる」と言っていたように,写真を撮るための環境を整えるってことはイベントの成功にかなり大切な要素になってくるみたいです

 

テンションが下がったイベントの要因

 

インスタを使いこなしていないとわからない視点ですね…

なまっちゃ
長いものは,そもそもつけないかも!笑

 

もうすごすぎる

なるほどな…それは気づかなかったな…ってことが多すぎて,うんうんと頷きが止まりませんでした

なまっちゃ
もしイベントをやることにしたら,ほなみさんとか写真に精通したインフルエンサーを取り入れることが一番いい解決方法だね

 

自分では撮れない写真が撮れると嬉しい

わたしも経験したことあって,プロのカメラマンが無料で写真を撮ってくれてプレゼントするイベントがあったんですよね

それは本当によくて,今でも家にその写真を飾ってるし,見るたびにそのイベントを思い出します

 

イベント担当者にこれだけは伝えたい

イベント運営しよ!って簡単に思ってはいけないってことがわかりました

今日話していたことって,ほんとうに経験しないとわからない視点がたくさんあり「そんなことも考えなきゃいけないのか!!」って何回も思いました

 

イベント担当者はぜひこの記事を参考にして,楽しんでもらえて拡散してもらえるようなイベントを作ってください!

なまっちゃ
わたしも幹事とかすること多いから,今回のことを生かしてインフルエンサーと一緒に楽しいイベントつくろーっと!
スポンサーリンク