[書評!ネタバレなし]通りすがりのあなたを女子大生が読んだ感想・口コミまとめ

sponsered link

心にすーっと染みてしくような文章

はあちゅうさんの処女作「通りすがりのあなた」を読んだ時に思ったことです

こんなに,日常のことをリアルに鮮明に書いている小説に初めて出会いました

 

「通りすがりのあなた」は女子の共感度がかなり高い小説だと思います

今回は,そんな「通りすがりのあなた」を女子大生なまっちゃ(@namatycha_)が紹介します

まだ読んでない人は,絶対に読むべき1冊です

 

 

はあちゅうさんっぽい小説

これは,私が読んだ感想ですが,なんかどことなく「はあちゅうさんっぽい」小説だなと思いました

全部で7つのストーリが通りすがりのあなたには収録されているんですが,どれも一人の女性目線で話が進んでいきます

大学生からOLくらいの女性が生活を送っていく中で起こることが,すごいリアルに書かれているんです

 

なまっちゃ
あ…これはあちゅうさんが普段思ってることなのかなー

みたいに感じる,はあちゅうさん独特の視点が詰まっています

 

妖精がいた夜

これは,失恋した女性が主人公のお話

この,失恋した時の描写がまたすごい具体的に書いてあるんです

主人公に感情移入バンバンしちゃいます

なまっちゃ
失恋した時こうなるよね!うんうん…めっちゃわかる

 

そしてタイトルにもあるように「妖精」も出てくるんですが,「え?妖精ってこれ!?」みたいに最初はなりますが,読み終わった時には,なぜか「これが妖精か…」って納得してるんですよね

不思議…

わたしも妖精みたいな人になりたいなって思ったり,本当にダメな時に妖精に来て欲しいなって思ったり…

なまっちゃ
妖精に出会ってないだけで,本当にいるんじゃない?

本当に妖精がいる気がしてくるような,不思議なお話でした

 

あなたの国のわたし

これは,一人の女子大生が外国人の友達の故郷に一緒に帰った時のお話です

なまっちゃ
ちょうどわたしと同じくらいの年代かな

 

留学経験・海外に長期滞在した経験がある人は,このストーリーを読むとすごい共感すると思います

なまっちゃは,短期的な海外留学に行ったことはあるんですが,それでもすごい「うんうん」頷いてしまいました

 

  • 海外に行った時の自分だけの疎外感
  • 海外のキラキラと自分を比べて落ち込む
  • 消極的な自分に嫌気

こんな感じの感情が,はあちゅうさんなりの感情表現や描写で書かれています

 

日本と海外ってこんなに違うんだ…ちょっと海外の女の子たちが羨ましいな…なんて読んでると少し嫉妬しちゃいます

 

六本木のネバーランド

なまっちゃが一番好きなお話「六本木のネバーランド」

一人の女子大生がひょんなことから,とあるサラリーマンのお部屋を借りることになり…といういかにも「大学生あるある」みたいなお話です

これは,大学生共感度100%

 

合コンとか飲み会とか,もうとにかくあるあるが詰まっているんです

しかもそのとき,主人公の女子大生の喋ってる内容がリアル…

なまっちゃ
はあちゅうさんの描写力おそるべし…

 

でも,ただ女子大生あるあるだけじゃなくて,ある一人のサラリーマンとのメールのやりとりから

  • 毎日が楽しってなんなんだろう
  • 生きてるって実感するのってどんなときなんだろう
  • 好きってなんだろう

というのを深く考えさせられます

 

なまっちゃ
もっと,そういう部分も真剣に考えなきゃって,読み終わった時には少ししんみり…

 

無料公開もされてるので,ぜひ読んでみてください!

この話だけじゃ読み足りなくなりますよ…笑

Twitterでの「#通りすがりのあなた」の反響がすごい

Twitterにでている「#通りすがりのあなた」のツイートをご紹介していきますね

 

他にも4つの話が「通りすがりのあなた」に詰まってる

今回は,なまっちゃがお気に入りの3つのお話を紹介しました

 

  • 世界が終わる前に
  • 友達なんかじゃない
  • サンディエゴの38度線
  • 世界一周鬼ごっこ

など,あと3つのお話がありますが,読む人がもっとどきどきするように内容は秘密にしておきます

 

どれも女性目線で共感度が高いので,ちょっと小説は…っていう人も楽しくスラスラ読めてしまうようなお話ばかりです

 

そして,「通りすがりのあなた」を読んで好き!ってなった人は,ぜひはあちゅうさんの他の本を読んでみてください

Qちゃん
はあちゅうさんってこんな文章を書くんだ!

と「通りすがりのあなた」とは違った一面のはあちゅうさんの文章を読むことができます

ここではあちゅうさんの本をまとめているので,ぜひ参考にしてみてください!

 

まずは「通りすがりのあなた」で!!

 

 

 

スポンサーリンク