[朝渋]自分のキャリアに悩んでいる人必見!最強の人材になるためにやるべきこと

sponsered link

どうやって自分らしいキャリアを描いていけばいいのかわからない…

と、働き方改革にともなって、自分のキャリア設計に悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

今回はそんな人にヒントになるような、朝渋×ビジネスインサイダーのコラボレーション企画を開催されました

ゲストに

  1. Vorkers代表取締役社長の増井慎二郎さん
  2. Vorkers取締役副社長・リンクアンドモチベーション取締役の麻野耕司さん(@asanokoji)
  3. ワンキャリア執行役員の北野唯我さん(@yuigak)

自分らしいキャリアの築き方や生き方や、これから最強の人材について対談形式でお話いただいたので、その様子をレポートしたいと思います!

なまっちゃ
いろんなキャリアを歩んできたからこそ、経験からのお話はすごいリアリティがあっておもしろかった

最強の人材業界トップのゲスト3人

なまっちゃ
今回のゲストは週の2〜3日も一緒にいるという仲良しな3人組

増井慎二郎:Vorkers社長


引用:peatixより

増井 慎二郎 さん(ヴォーカーズ代表取締役社長)

パソナで新規事業開発に従事した後、インターロジックス(現電通デジタル)にてCRMの企画設計に携わり、2002年アンテロープキャリアコンサルティングを設立し、取締役を務める

2007年6月にヴォーカーズ設立、代表取締役社長に就任。

麻野耕司:リンクアンドモチベーション取締役・Vorkers副社長


引用:@asanokoji

麻野 耕司 さん(リンクアンドモチベーション取締役・ヴォーカーズ取締役副社長)

リンクアンドモチベーションにて、中小ベンチャー企業向け組織人事コンサルティング事業の執行役員に当時最年少で着任

新規事業として国内初の組織開発クラウド「モチベーションクラウド」を立ち上げる

2018年10月にヴォーカーズ取締役に就任

Vorkersリクルーティング責任者

北野唯我:ワンキャリア執行役員


引用:@yuigak

北野唯我 さん(ワンキャリア執行役員)

新卒にて大手広告代理店の経営企画局・経理財務局で中期経営計画の策定、MA、組織改編、子会社の統廃合業務などを担当

その後、米国・台湾での留学を経て外資系戦略コンサルに転職し、総合商社の事業戦略立案などを担当

2016年にワンキャリアに参画、最高戦略責任者

一方で、サイトの編集長としてコラム執筆や対談、企業現場の取材を行う

初の著書『転職の思考法』(ダイヤモンド社)が【発売2月で10万部突破】【Amazonキャリアカテゴリーで発売90日連続1位】を獲得

スポンサーリンク

やりたいことなんてない。目の前のことをやるだけ。


photo by @rie_cco_desu 

経営者のイメージとして実現したい社会があるという思いがある人ばかりだとおもったら、そうではないという麻野さん

「やりたいこと」を叶えることができる会社に入るのは難しくて、ポーカーみたいなもの

やりたいことxやれること=仕事の楽しさ

を最大限にすることで、楽しいと思える仕事ができるそうです

 

わたしも「やりたいこと」を仕事で満たすのは難しいなと感じています

でも、やりたいことができない中でも自分のなかで「やれること」を見出すことで楽しみを発見していけるのです

 

なまっちゃ
自転車の例はすごいわかりやすかった…

自転車は乗れるとたのしいけど、乗りこなすまでの練習の時間は楽しくないですよね

しかも、乗る前に諦めてしまったら、自転車の楽しみがわからないままで終わってしまいます

仕事も自転車と一緒で、楽しくなる前にやめてしまったら、それは楽しくないままで終わってしまうんです

 

やりたいことの見つけ方「無人島にいってもそれをやりたい?」

この北野さんの考え方は、私自身もはっとさせられるところがありました

 

例えば、野球選手が野球をやりたいことと言っているのは、「野球」という存在を知っているからですよね

でも、それって無人島みたいな野球がない場所だったら、そもそもやりたいとは思いません

 

本当にやりたいことは知らないとできないので、解像度を高くして物事を見ないと難しいのです

なまっちゃ
ごめんなさい…わたしなりにうまく理解できなかった…涙

 

そして、普段から自分をご機嫌でいさせること

なんかやだなーってことを思っていると、やりたいこともやりたくなくなるときってありますよね

人間関係はとくに私は左右されやすいです…

そうやってやりたくなくなるようなことを取り除いていって、普段から自分をご機嫌でいさせることがおすすめです

なまっちゃ
ってことは、まずは自分がなにが嫌なのかってことを知るところから始めなきゃだね!

 

アウトプット前提でインプットすると知識が死なない


わたしも、このようなイベントレポートを書くことを決めている時とそうじゃない時とでは、内容の理解度が全く違います

書いてないと数ヶ月すると忘れてしまうのですが、レポートを書くと一年後でも内容をしっかり覚えているんです

なまっちゃ
自分の頭の中で整理して文章にするだけでも、定着率は全然ちがう…

 

死海というのは、水が循環しないために死んだ水になるように塩分濃度がすごい高くなっています

それと同じで、知識も循環しないと死んでいくという麻野さん

なまっちゃ
アウトプット前提でインプットするってことが大事なんだね

 

スポンサーリンク

情報をカットすることで余白にインプットする

これは私もやっていて…Twitterとかで見なくていいつぶやきをしている人は全員ミュートにしています

決して嫌いだからとかではなく、タイムラインで疲弊することを避けるためなんですよね

 

表示される情報量を減らすことで1ツイートをしっかり読んで考えられるし、雑念がなくてSNS疲れが起きにくくなりました

 

また1つの情報をしっかり解釈することで、「問い」としてアウトプットしやすくなると北野さんはいいます

その情報が相手に貢献するような「問い」になっていれば、自分の価値を上げるものになるためwin-winなんです

なまっちゃ
情報過多な都会だからこそ、意識的にカットしていくことが大事なのかもね…SNS中毒だから気をつけなきゃ…

 

自分を知って活躍できる場で活躍すること

麻野さんのモチベーションの原点は「仲間」だといいます

モチベーションの源泉は人によって全然違います

だからこそ、この人が「こうすればモチベがあがるぞー!」っていうことを鵜呑みにするんじゃなくて、自分の価値観を知ることがとても大事です

なまっちゃ
自分の価値観を知るために、自己理解を深めなきゃいけないね

 

ドラゴンボールとワンピースがわかりやすい例

ドラゴンボールはスーパーサイヤ人じゃないと出番はないですが、ワンピースは誰もが活躍の場がある

それと同じで、自分ができること・できないことを見極めて、できないことは頼るのが大事になってきます

これまでも言ってきたように、自分の価値観やご機嫌になることを知って、全部自分でやらずに、誰かに頼ることをしないと成果が出ないのです

なまっちゃ
誰かに頼るためには他者のことがわかってないといけないから、相互理解が大事だね
北野さんも、社員の個性を生かせるポジションにおくことを意識しているそうです

 

おまけ:心に残った最強の人材たちの言葉

なまっちゃ
ピュアな経営者が頭角を表してきているって聞いてなんか安心した…搾取っていうイメージがついてしまってるのはなんでだろう…

 

なまっちゃ
この考え方は経営者に多い気がする!何やっても死なないって思うと、周りを驚かせることができるような新しいことができたりするんだよね

 

なまっちゃ
「自分自身は凡人である」と堂々と言えるってかっこいいよね。「才能がないから意欲高く継続してやる」って言葉はすごい刺さった

スポンサーリンク

最強の人材とは?3人が最後に締めくくる

お三方のどの言葉も、心の奥まで届きました

でも共通していたのは、「自分を知る」ということ

 

どれも、自分が何を得意としてご機嫌になれるのかを知っていなければ、お三方の言葉にはたどりつけません

まずは、自分を知るというところから始めてみようと思います

なまっちゃ
前田さんのメモの魔力はそれにぴったりなんだよね…地道にやってる!

 

 

スポンサーリンク