[朝渋]2万人のオンラインサロンの運営方法とは!?西野亮廣さんが語る【新世界】

オンラインサロン西野亮廣
sponsered link

西野さんのオンラインサロンメンバーが2万人!?どうやって運営してるんだ…

そう思ったことはありませんか?

西野亮廣さんは、『西野亮廣エンタメ研究所』というオンラインサロンを運営しており、現在約2万人のメンバーがいます

オンランサロン運営者ならわかるかもしれませんが、サロン内の活気を保ち続けることはかなり大変なことです

オーナーが疲れて、閉じてしまったところもこれまで何回も見てきました

そんな人に響くのが、今回の朝渋の著者イベントゲストに来ていただいた西野亮廣さんのお話です

  • オンラインサロンの運営方法
  • オンラインサロンが続かない理由
  • これからオンラインサロンはどうなっていくのか

など、コミュニティを考える上で重要なことがたくさんあるので、ぜひ参考にしてください

なまっちゃ
ここまで分析してたんだ…ってことにびっくりした

西野さんのオンラインサロン詳細はこちら

本業でマネタイズしないこと

西野亮廣オンラインサロン

(photo by@takumiYANO_)

ノベルティとは、何か他のことに影響を及ぼすためのお土産という意味をもっています

そう考えた時に、作家には

  1. 本業にして印税で食べている人
  2. 副業的で本業の広告のために作っている人

の2種類がいると西野さんは考えているそうです

西野さんは、もちろんノベルティ作家

西野さんが今まで出版した本は全てノベルティになっているんです

西野亮廣オンラインサロン
  • 魔法のコンパス→えんとつ町のプペル
  • 革命のファンファーレ→オンラインサロン
  • 新世界→オンラインサロン

全てが、他のサービスを繁栄させるために出版されていることがわかりますよね

本業一本でマネタイズしないことによって交渉できるようになり、いい方向に周り始めます

なまっちゃ
この一本しかない!ってなると、どうしても相手に操られちゃう

スポンサーリンク

会員数2万人!西野さんのオンラインサロン運営方法

西野亮廣オンラインサロン
2万人ものいるオンラインサロンは、西野さんはどのように運営しているのか語ってもらいました

オンラインサロンのプラットフォーム選びは自作で!

西野さんのオンラインサロンは、メンバーが約2万人なので、手数料が20%だと

月に

20,000×1,000=20,000,000

20,000,000×0.2=4,000,000

400万円もの手数料が、毎月取られることになってしまうんです!!

なまっちゃ
手数料でこんなに取られるのはやばい…

西野さんも「これは…」と思い、自分で決算システムを作ったそうです

天才ばかり!?解析スタッフを入れてトライアンドエラーを繰り返す

まさか解析チームを入れていたとは…

このチームがいることによってサロンメンバーのニーズを理解し、それをしっかり汲み取って記事内容を考えているそうです

なまっちゃ
これこれ!っていう投稿がたまにあったりして…これも解析した結果の内容だったのかな?だったら、本当にすごい!

お金を払って働く

この考えは、なかなか一般的には受け入れられなさそうですよね…

一般的に、時間拘束の対価でお金をもらっていると思っているからです

この概念は今もまだ続いているそうですが、西野さんは「お金を払って働く」という考え方は変えていきたいと言っていました

サロンが広がらない2つの理由

西野亮廣オンラインサロン

「去年のサロンブームの影響でバブルがはじけて右肩下がりになっているサロンが多いんですよね」と言う西野さん

なんで、下がってきているのか…2つの理由をお話ししていました

ハウツー系の内容を主にしてしまっているから

ノウハウを教えて引き上げる系のサロンにすると

 

  1. できなかった人は「無理だった…」となって卒業
  2. できた人は、「達成できた」となって卒業

の2パターンが生まれてしまい、入っては卒業しての繰り返しになってしまいます

だから、西野さんのオンラインサロンはそういうノウハウではなく、常にアップデートしていくストーリーを見せることを意識しているそうです

そうすると「ずっと見ていたい…」という心理が働き長く滞在してくれるようになります

なまっちゃ
私も入ってるけど、西野さんの活動を見守っているっていう感覚になるんだよね!そこから学べることもあるしで、一石二鳥だと思える

期待値を上げすぎてしまっているから

「結果がマイナスになる確率を低くする」

というのは、新しい視点だなと思いました

どうしても自慢したかったり驚かせたい!っていう意味で、一番いいものを見せたくなってしまうんですよね

あとは、過剰に盛ってしまったり

そうやって期待値を上げすぎると、実際に見たり聞いたりしたときに結果が下がるか横ばいしかならなくなってしまいます

だから、大学かサロンか?っていう論争があったとき、西野さんは

サロンよりも大学の方がイチャイチャできたり友達もたくさんできて面白い!!だけど夢を見せられるのは自分のサロン!
だからどっちでもいいよ!自分で決めな!

といったように、「大学よりサロンだ!」みたいな期待値を上げすぎないようにしたそうです

なまっちゃ
ここのコントロールはすごい難しそう…いろいろ経験積む必要があるね

何より大切なのは、ストーリーを売ること

西野亮廣オンラインサロン
今回のイベントは、この「ストーリー」の話が8割を占めていました!

それくらい、ストーリーを伝えることを西野さんは重要視しているってことですよね

サービスの質はだいたい同じ。だからストーリーを売る

回転寿司で最近よく思うことです

高級お寿司屋さんはすごいおいしいし感動するけど、くら寿司も感動するくらい美味しいと感じます

「これが1皿100円なんて…」って思うくらい毎回おどろきの美味しさを提供してくれます

これがオンラインサロンでも同じことが起きているんですよね

サロンオーナーのメッセージは、だいたい同じ

(ビジネス書もほとんど内容は同じって言ってましたね笑)

そうなってくると、情報自体の価値はなくなってきているため、物語を売っていくしかないんです

「この人だから入った」「この人だから応援したい」っていう風に思ってもらわなければいけないのです

だから、いい情報を伝えることはもちろん、ストーリーを伝えることにも力を注がなければいけません

なまっちゃ
ってなると、やっぱりオンラインサロンを本業にしちゃダメってことだよね!他で活躍してその学びをサロンに投げる…とかが応援してくれる形になりそう!

西野さんのストーリーの作り方

なまっちゃ
ヒット映画分析しよう…ストーリーの研究をして自分に転用できる部分がないか研究する

芸人さんって実績を隠すんですね、知らなかった…

たしかにスキャンダルとか失敗談があることで、それがネタになっていろんな番組に呼ばれているイメージがあります(あんまりマイナスイメージになることをするのは、いいことじゃないだろうけど…)

それに対して、起業家ってなんかキラキラしてなきゃいけない、っていう変なプレッシャーがありますよね

しかも失敗すると「あそこはダメだ…」みたいに評価を下げる可能性があります

失敗ばかりの起業家も、いいんじゃないか

って思える人が増えたら、もっと楽しく経営できる人が増えるんじゃないかなって思いました

なまっちゃ
この考え方は自分に活かせそう…負け=勝ち(価値)になったら強いよね!

ストーリーを作るには旗を立てることが大事

昔、一回新宿ルミネthe吉本に行ったことがあるんですが、結構メンバーが豪華だったにも関わらず席がスカスカだったのにびっくりした経験があります

なまっちゃ
なんで?!こんな人気なのに!?

と思っていたのですが、こう言うことだったんですね

いかに応援してもらいたいと思ってもらうか…そのためには、手が届きそうで届かない位置に旗を立てることが大事なんだなと学びました

なまっちゃ
どうせやるなら、夢はでっかく!!はったり力が大事って誰かも言ってたな…

スポンサーリンク

覚悟を決めるには圧倒的努力をして絶望すること

西野亮廣オンラインサロン

芸能界の山を登りきったらいい景色が見えると思って、がむしゃらに頑張った20代前半

そのときは遊びや飲み会も全て制限して、漫才のネタ作りに集中していたんだそうです

だけど登ってみたら、さらに高い山があって…こんなにやってもこれなのか…

と25歳の時に西野さんは絶望したそうです

覚悟を決めるためには、どん底まで落ちて絶望しなきゃいけなくて

絶望するためには、圧倒的努力をしなければいけない

覚悟を決めるってことは、決して楽なことでは決まらないことを実感しました

なまっちゃ
上にのってる4人の名前を見ると、行動量の多さがすごくて真似できないなーって思っちゃうよね…でもそこで「むりだ」で終わるんじゃなくて、何か自分でできないか…って思うことが重要だよね

そうやって、圧倒的努力をするために、モチベーションをコントロールすることが大切になってきます

なまっちゃ
小さな結果を出して成功体験を積むことが、モチベーションの維持につながるんだ!結果が先なんだね、逆に考えてた…

古参がドヤりだしたら崩壊へ進むオンラインサロン

動けない人が退会→動ける人が残る→古参がどやる→動けない人が退会→どんどん減る→崩壊する

なまっちゃ
こ、こわいループすぎる…

こんな悪循環を止めるために、西野さんは古参でドヤっている人にはしっかり退会してもらうそうです

しかも下手に退会させると、その人の西野さんへの愛情が憎しみに変わりネガキャンを始めてしまいます

だから、実際に会って頭をさげて退会してもらうようにしているみたいです

なまっちゃ
ここまで工数を割いてるなんて…西野さんの愛情を感じる

サロンオーナーは、それぞれのペルソナをしっかりと置いて、全員のことを考える

めちゃくちゃ優しくなることが大事なんだと、西野さんが言っていました

なまっちゃ
どうしても動いてくれる人を優先しちゃうけど、新しい人に目を向けるのが大切なんだね

集客をするには “1日をコーディネート” すること

DSCF4447 min

企画やツアーを考えるときに、すごい参考になる考えだなと思いました

この後どうしよう…って不安が心に存在するときは、参加したいって思えないのは当然のことですよね

「1日をコーディネートする」ことを意識していきたいと思います

スポンサーリンク

これからオンラインサロンを始める人へ西野さんが贈る言葉

西野亮廣オンラインサロン

この言葉を聞いてほんとその通りだなと思いました

オンラインサロンを運営することは、決して楽しいことばかりではありません

「なんか消耗しているな…」って思うことだってあるし、「これでいいのかな…」って不安になることもあります

でも、それを超える楽しさや叶えたい夢や目標があるから、オーナーはサロンをやるんだと思うんです

西野さんもサロンの将来を語っているときは、すごい楽しそうで聞いている私までワクワクしていました

今回の西野さんの話はサロンが主でしたが、他の分野にもいろいろ活かせるポイントがたくさんあります

ぜひ、みなさんの関わっているプロジェクトにも今回の内容を転用してみてください

西野さん!朝早くから、やる気がでるお話をありがとうございました!

→西野さんのオンラインサロン詳細はこちら

スポンサーリンク